帰宅


あらためて思う。
あの人は大丈夫だろうか。原田さんのことだ。
責任感が強く、人一倍どころか人千倍ほど気を遣う彼のこと。
相当につらい決断だったことは告げられたそのときから察していたが、メールボックスに届いていた彼からのメールを読み、再び心配になった。


「私は大丈夫です」と言えば少しは楽になるのだろうか。
いやいや、そんな口先だけの気休めが通用する相手ではない。
心配をかけたくなければ、心配されない自分になるしかないのだ。言葉より態度、論より証拠。
だからつまり、私が早く仕事を見つけて、新しい職場で充実ライフを送るのが一番いい。
私も幸せ、原田さんも元気。一石二鳥。そうだ、それで決まりだ。


というか、もう既にそういう方向で動いているではないか。
最初から、自分のためにそうするつもりだったじゃないか。
いったいなんだってんだ。”裏の裏は表”的展開。
でも、自分のためと思ってしたことが、人のためにもなるというのは良い。一石二鳥。あれ。少し余裕が出てきたな・・・