恋人は2ちゃんねらー



2ちゃんねらーってどういうイメージ?」
「ネコ作る人。」


「ねぇ、2ちゃんねらーってどういうイメージ?」
「ディープでヤバい感じ!」


「ね、ね、2ちゃんねらーってどういうイメージ?」
2ちゃんねるを書いてる人ですよね?」



21〜24歳のイケイケな男女3人に、2ちゃんねるのイメージを聞いてみました。
ネコってモナーのことかなぁ?
”ディープでヤバい”の”ヤバい”は嫌悪ニュアンスを強く感じました、深く追求しなかったケド。
にしても、”2ちゃんねる 書いてる”という表現は斬新でしたw


どうしてこんなアンケート*1を取ったかというと、先日、マイミクの日記で
『ネットをあまり使わない人って、「〜ますた。だろ!?アハハ!」「これってショボーンだなぁ!ワハハ!」とか、特定のフレーズを挙げて、それがあたかも異次元で流行っている言葉みたいに思ってるらしい』
という記述を見かけたからです。



一般人*2にとって”2ちゃんねらー”というのは、半径ワンクリック圏内には存在しない、異質の存在なのかもしれません。
だから紅が「私も2ちゃんねるに書き込んだりするよー」というと、「ウソぉ?だってアンタ、別に普通じゃん。じゃあちょっと2ちゃんねるの言葉で話してみてよ!」と、証拠を出せと言わんばかりに、疑いと好奇心フィフティフィフティな眼差しで食いついてきます。


これって「英語話せるならなんか英語で喋ってみてよ!」と言われるのに近い感覚。
日本人と話してるのに、急に何か喋れと言われても戸惑いますよね。
あ、紅は英語は話せないよ!でも地方出身なので「訛ってみて!」とよく言われます。
そんなこと言われてもさああ!相手がばぁちゃんや地元の友達なら自ずと訛りも出るけど、
TOKYOの方とお話してるときにスピーチせがまれても困りますって。



2ちゃんねらーも、一般人とお話するときには一般的な言葉を使います。*3
オオカミ男、20世紀風に言い換えるとサイヤ人みたいなもので、満月を見なければ
2ちゃんねらーには変身しないのです。
この場合の満月は、2ちゃんねるという場、あるいは同志である2ちゃんねらーのこと。
冒頭のイケイケ男女含め、2ちゃんねると聞くとついピアニッシモにクリックしてしまうような
ビビりハートの人たちって、サイヤ人は常に大猿の姿で街を闊歩してると思い込んでるフシがあるけどそんなことはないです。ドラゴンボール的に考えて。
2ちゃんねらーは、普段はそれと分からない姿で一般人と会話しています。
真夜中は別の顔かもしれないけどネ。
だから、あなたのママンやパパン、そしてステディな関係のあの娘も!
ひょっとしたら2ちゃんねらーかもしれないよ!!
もし生活に支障を来たすようであれば、しっぽ、もとい回線を切ってしまえば夜になっても変身しないのでAll right,go coolです♪



そうそう。超・余談だけどさぁ。
先日、知人と秋葉原のパーツショップに行った時にね、たまたま紅が欲しかったパーツの在庫がなくって、店員さん同士でコソコソ「あー在庫ねぇ」「オワタ」「ティウンティウン」って話してるのが聞こえたのね。
一緒に行った知人がVIPPERだったから、つい二人で顔見合わせてニヤニヤしちゃって、
調子に乗った紅が勇気を出して「樹海ですか?」ってちっちゃくこのポーズを取ったら、
店員さんたちのこちらを見る目が明らかに変わった!客を見る目じゃなかったね、アレは。
あのとき彼らは紅の中に満月を見たのであり、紅もまた彼らの中に満月を見たのであった。
メデたしメデたし☆
・・・でもないか在庫なかったんだから('A`)




*1:といっても母数が少なすぎるので全く参考にならないけどw

*2:この表現は本意ではないけれど、今回は便宜上”2ちゃんねるを見たことがない人/見たことはあるけどよく分からないという人”を手っ取り早く表現するために。

*3:ひょっとしたらそうじゃない人もいるかもしれないけど、そんな2ちゃんねらーは都市伝説だと思ってます。目撃証言キボンヌ!