理想のブロガーになるために”しない”こと


先日、肉欲企画のにくちゃんと、とある沖縄料理屋でゴーヤをつつきながら
ブログについて熱く語り合っていたときにふと思ったこと。


にくちゃんは言いました。
「好きなブロガーが 『ブログなんてもんはしょせん自己満足だから』 なんていってるのを見ると
がっかりする。」
「僕は思うんです!ブログは自己満足ではなく、自己実現なんじゃないかと・・・!」


おういえぁ!
少年よ、キミ藤原竜也みたいな顔してなかなかいいこと言うじゃない。抱け抱け。もっと抱け。


この”ブログとは自己実現”という考え方はとってもすばらすぃー♪と思うんだけど、
紅の発言ではないのでとりあえず今回はおいといて。



ブロガーにとって、大切な読者にがっかりされることは非常に遺憾。イカン。
とても悲しく、淋しいことです。
チラシの裏ではなく、こうしてWebで文章を書いている以上、
大概のブロガーは読者の存在を多少なりとも意識して書いているはず。
読者、とひとくちに言っても、検索からくる一見さんから毎回読んでくれている常連さんまで
さまざまですが、文章を通じて自分に触れてくれたことはとても嬉しいし、その出会いを大切にしたいと思うもの。
そしてブロガーならきっと、その大切な読者に対する思いやりとして、せめて”これだけはしないようにしよう”と自らに課しているタブーがあるのではないでしょうか?


冒頭の例から察するに、にくちゃんは「僕は”ブログは自己満足”という表現は絶対に使わないようにしよう。」と思っているだろうし、それ以外にも、皆それぞれ”これだけはやっちゃいけない”という俺ルールがあるのではないでしょうか。


タブーがある、なぁんていうとブログがなんだかおっかないモノのような気がしますが、
逆に!このタブーさえ犯さなければ、理想のブロガーに近づけちゃうのでは??と、
肉欲企画のにくちゃんと、とある沖縄料理屋でゴーヤをつつきながらブログについて熱く語り合っていたときにふと思いました。冒頭のコピペですませました。ごめんなさい。



人生安全運転がモットーの紅だからこんなことを思うのかもしれないけれど、
”こうしなきゃ、ああしなきゃ”と頑張るよりも、これだけはやっちゃダメ、ってのを守って
地道に生きていく方が、結果的に理想への近道だったりします。
まぁ安全運転なのでスピードは遅いんですけどネ。


理想のブロガー像は人それぞれ違うのでタブーもおのずと異なってきますが、
自分のタブーが明確でない場合は、好きなブロガー*1のスタイルを模倣するのが
いちばん手っ取り早くて簡単な方法かな?
好きなブロガーを模倣する、といっても文章や考え方を真似るのは困難ですが、
彼または彼女の振舞い方*2や生き方*3を観察し、その人が”絶対にしないこと”を見つけ、
それだけは絶対にしないようにする。ウン。これだけでかなり近づけるんじゃないかしら。



ブログはラーの鏡だもんね。
どれだけご立派な文章で取り繕っていても、自分の真実の姿がバレちゃう。
今すぐ理想の姿が映らなくても、せめて魔物が映るのだけは避けたいなぁーと思ってるけど。
紅はどんな風に映ってるのかなぁ・・・・


*1:面白いから好き!という意味の好きではなく、ブログに対する考え方や読者・他ブロガーと向き合う姿勢が好き、というブロガー

*2:コメント欄や他のブロガーの交流も含め

*3:大きく出たな