ついて来れないリアルが悪いのか、遠くへ来すぎた私が悪いのか


「なに喋ってるかさっぱり分からない」と、よく言われます。


ミクシィがエネルギッシュに会員数を増やしてくれちゃってるおかげで、数年ぶりに再会*1した旧友や普段ネットをしない友達から突然マイミク申請をもらうこともしばしば。


特に断る理由もないので承認してマイミクの契りを結ぶのですが、
結んだ瞬間にマイミクまで公開の紅の日記が見れる。すると途端に目が点。
だって「なに喋ってるかさっぱり分からない」んだもん。「怖くてうかつにコメントできない」とも。


別に難解な文章を書いてるわけではないです。いたって普通。
内容も文体もココと変わらな・・・くはないか。ココよりだいぶテキトウに気分で書いてますが、
そんなにギャップはありません。(たぶん。)
紅の友達が言ってるのは、
「( ^ω^)←コレなに?え、顔?顔なのコレ???」 とか、そういう次元の話。
2ちゃんねるってなに?映らなくない?あ、インターネットの話なの?じゃあインターネットでは他にどんな番組がやってるの?」 とか。いや、ネタじゃなくてマジで。
エステとネイルサロンとブランド品には異常に詳しいくせに、 ('A`) ←が浜崎あゆみのイニシャルにしか見えないと言い張る。
オマエの爪も炎のつめにしか見えないっつうの。お、そのマジカルスカート可愛いね♪


プロフィールにサイトのアドレスも貼ってるのでそこからこのブログに飛んできたりもするらしいんですが、やっぱり分からないと仰る。「アレはなんなの?」と。
むー。なんなの?って聞かれても「ブログです。」としか答えようがないですのー。



ただ、そう言いたくなる気持ちも分からないではない、かなぁ・・・。
紅のブログは、お世辞にも万人にウケるブログとは言い難いと思っています。
誤解を恐れずにいうと、読み手を選ぶブログ。
これは傲慢な意味ではなくて、使っている表現・言い回しの元ネタが分からない人や、
愛するが故の罵倒を強烈なアンチを受け取ってしまう人にとっては全く楽しめないテキストであり、紅の真意が伝わらずに誤解される恐れがある、という意味です。
「はじめまして!ヤフーから来ました☆ 素敵なブログですね^^」
なんてコメントをもらえるようなブログではない、ということは自覚しています。


ミクシィの日記にしても、平気で「帰れ!」とか「空気←コレ読める?」なんてレスをつけるのでよく怖いって言われますが、本当は心の優しいToo SHY SHY GIRLなんです!
マイミクはそれを分かってくれてるって知ってるから、そういうレスがつけられるのです!
これをリア友に分かってもらえてないというオカシな現実。いとをかしクナイ><
ネットとリアルじゃ感情の表現方法が違うから仕方ないのかな。
リアルのタブーがネットでは最短距離だったりするし。逆もまた然り。



”ネットに詳しくない奴はしょっぱい”とか、そんな風に思っているわけではないけれど、
大切に思ってる人とは好きなものを一緒に楽しみたいし、もっともっといろんな世界を教えてあげたいって思います。ここにはとっても素敵なことがこんなにたくさんあるのに。
「よくわかんないからいいや」で済ませちゃったらもったいないって!絶対人生損してるよ!!
・・・なぁーんて思うのは少々お節介がすぎるでしょうか。


ブログやミクシィの日記を読んで、私のことをもっと分かって欲しいと思う反面、
何も分からないうちは読んで欲しくないとも思ってしまうこのジレンマ。
いつのまにか、ずいぶん遠くへ来てしまいました。
悩ましい悩ましいああ悩ましい。


*1:ってあくまでネット上での”再会”だけどね