花岡氏ブログ炎上のおはなし〜どうやらここは危険らしい〜

えっと・・・


以前「ブロガーは釣り師であれ」といった内容のすばらすぃエントリを読んだ記憶があるのですが、あれはどこで見たんだっけかなぁ・・・・
ブクマした気がするけど見当たらないのです。
かばんの中も机の中も 探したけれど見つからないのです。
ちぇっ。最近どうもツイてない。おっぱいも心なしかちっちゃくなった気がするし。
「私の胸はエアバック♪」ってのが口癖だったのに、そろそろコレも使えなくなってきたなぁ。
これからは何をチャームポイントにして生きていくべきか・・・
ってことはお風呂の中でゆっくり考えるとして、今はなんだっけ、そだ!ブログの話だ!



ここ1,2週間ほど2ch系VIPブログの祭りに張り付いていたんですが、
気づいたらRSSリーダの未読件数が正気の沙汰とは思えない数に達しててびっくりしました。
本音を言うと薄々気づいてはいたんですが、「それより僕と踊りませんか」という誘惑に負けて
ウフッフー♪ウフッフー♪と見ない振りをして後回しにしてたんです(´・ω・`)
でも先日、ようやく重い腰を上げて完食したよ!ブロガーの皆様、ごちそうさまでした♪



紅がスレの中で踊っているあいだもネット界ではいろいろな事が起こっていて、
2chブログ騒動が落ち着いた頃、また別のどこかで火の手が上がる事もよくある話で。
といってもこれももう過去の話になっちゃうのかもしれないけど・・・
花岡氏のブログの炎上ぶりに驚きました。


問題となったエントリはコレ。
「モーニング娘。」が日本語を壊した
大火事ですねー。すごい燃えっぷりです。(他人事でスミマセン)
4日、5日とこの件に関してフォローというか謝罪の記事を上げてますが、こちらも良く燃えています。志村ー!それ燃料燃料!です。
それ以降花岡氏ご自身のブログの更新はありませんが、SAFETYJAPANで6月6日にコラムを書いてらっしゃいますので参考までにリンク置いておきますね。
ブログ再炎上、きっかけはアイドル名と句点


先月の元日テレアナウンサー薮本さんの「盗撮で思う」の炎上のときも思ったけど、
こういう方が打算計算抜きでこんな記事書いちゃうなんて不思議、というか意外だなぁと。
しかもこの手の炎上っていったん燃え始めると火の回りが早いこと早いこと。
慌てて消化活動したところで「ブロガーびびってる!ヘイヘイヘイ!」と勢いづくばかりだし。



で、ここでいきなり冒頭の話に戻るんですが、”弁償するとき目が光る”さんの『ブロガーはいかなるときも釣り師であるべきだ』という記事。 ググったら一発で見つかった(ノ∀`●)
薮本さんにしろ花岡氏にしろ、ジャンルは違えど超一級の釣り師だと思うんですよ。
だから今回のような記事も狙って書いたんなら分かるんです。想定の範囲内の炎上なら。
でもそんなことをしたって誰にも何のメリットもないし、隣に消防隊が控えてる様子もない。
それにお二人ともすごく困ってる。ってことはこれはガチの炎上なんですよね。


ジャーナリストや元アナウンサーの方なら釣りのコツはよぉーく心得てるはずなのになぜ?って思ったけど、たぶんアチラとコチラでは釣り場の勝手が違うのでしょう。
アチラは日本テレビとか産経新聞っていう看板が掲げられてる釣り堀で、その釣り堀の「性質」みたいなものが一応ある程度知られている場所。
だからそこに所属する釣り師もその場に合ったスタイルの釣りをするし、魚もそれを期待して集まってる。
それにもしおかしな魚さんが絡んできても、その釣り堀にはそういう仕事を請け負う管理人さんがいるのでちゃーんと手際良くさばいてくれるんです。
だからその釣り堀にいるあいだは、釣り師もそういう魚の存在は知っていても自らさばく必要はない、と。


ところがどっこい、コチラの世界はちと違う。
釣り堀っていうか海。世界に続く大きな海。コチラは広いな大きいな。
ぼくたち!わたしたち!ブロガーたちは!
まいにちまいにちぼくらはネット界の うえで釣られてイヤになっちゃうよ
とかなんとか歌いながら、今日も今日とてWorldWideWebという大海に”べにぢょのらぶこーる”なる小船を浮かべて、性懲りも無く釣り糸を垂らしてるわけです。


コチラを泳ぐ魚は多種多様。何が釣れるかわからない危険地帯。
特に薮本さんや花岡さんのような有名なお船の周りにはいろんな魚が集まってくるので更に危険。
おまけにおかしな魚をさばいてくれる管理人さんもいないし牽制してくれる囲いもないので、
釣れた魚は自分でさばかなきゃならないときたもんだ。これはひどい



薮本さんも日テレにいるときならあんなことは絶対に言えなかっただろうし、
花岡氏もブログじゃなければその後のフォローの仕方もちょっと違ってたんじゃないかなと。
大きな船だから引き起こす波も大きいし、一度揺れたら元の体勢に戻すのも一苦労。
うまいことやらないと転覆しかねません。
自分の船を守るのは大変なこった。



だから手軽にmy釣り堀が作れるミクシィが流行ったりするのかな。
一応あそこはミクシィが囲い込みした魚しか泳いでないから、(建前上は)安全性が約束された釣堀。魚にも”顔”があるから、お互い生かさず殺さずキャッチアンドリリースの世界。
日記をマイミクまで公開にしちゃえばなお安心だしね。



いやー、ああいう炎上を見るとほんとネット界っておっかねぇなぁーって改めて感じます。
つい先日も東京ドームのアルバイトの子のブログが燃えてたし。
小船だからって油断できませんよ。怖い怖い><
あんなの見ちゃうとここはひどいインターネットですね!って思うこともあるけど、
3日後にまた来ます。いや、むしろお風呂に入ったあと、30分後に。


だって、安全な釣り場よりも海の中へ、行ってみたいと思いませんか?
うふふ♪